BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

外壁をタイルする場合のメリット・デメリットについて

2022/02/03
この記事では、外壁をタイルにする場合のメリットやデメリットについての情報をお伝えしていきます。
外壁には様々な種類があり、どれにするのがいいのか迷ってしまうことも多いです。
今回は外壁をタイルにする場合のメリットやデメリットについて紹介していきます。
タイルの特徴について知っておきましょう。

▼外壁をタイルにするメリットとは

外壁をタイルにするメリットとしては、まずは見た目の良さが挙げられます。
清潔感や高級感を感じさせてくれるのがタイルの魅力の1つです。
西洋風な住宅との相性も良く、近年はタイルを使った住宅も多く見かけます。
また、タイルは汚れが付きにくいというメリットもあります。
その他にもメンテナンス費用も比較的安く、耐久年数も長いということが挙げられます。

▼外壁をタイルにするデメリットとは

外壁をタイルにするデメリットとしては、タイルを施工する職人の技術が必要になり、その技術力によって仕上がりに差が出ることです。
職人の腕によっては、その後の耐久年数などにも影響ができることがあるので、依頼する業者をしっかりと見極める必要があります。
タイルはメンテナンス費用は比較的安いですが、初期費用に関しては若干高いというものデメリットと言えるでしょう。

▼まとめ

外壁をタイルにする場合には、初期費用や依頼する業者をしっかりと選定すれば、それほど大きなデメリットはありません。
自宅の外壁にはタイルを採用したいと考えている人も多いかと思います。
メリット、デメリットをしっかりと把握しておくことで、業者選びもしやすくなります。