BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

雨漏り対策は早急に!屋根塗装の重要性

2021/05/15
屋根は雨や日光の影響を受けやすい場所です。
屋根が傷むことで雨漏りが起き、建物内部への浸水を及ぼす恐れがあります。
雨漏りの予防・対策には屋根塗装が有効といえるでしょう。
今回は、雨漏りの原因や危険性、屋根塗装についてご紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

▼雨漏りの原因

雨漏りとは、建物内部に雨水が浸入することにより、水滴が室内に落ちる状態をいいます。
雨漏りの主な原因は、経年劣化や自然災害です。
屋根で雨漏りが発生する場合は、屋根瓦や防水シートの劣化などが考えられます。

▼雨漏り放置にひそむ危険性

雨漏りはシミやカビだけではなく、木材の腐食やサビの原因にもなります。ひどい場合には、漏電につながることもあるので、注意が必要です。
雨漏りの放置で、建物の寿命を短くしてしまうこともあるので、日頃から気にかけるようにしましょう。

▼屋根塗装の目安とは?

屋根の塗装は、10年に一度行うのが目安とされています。新築であれば10~20年が目安です。
雨漏りをしてしまった場合の早急の処置はもちろんのこと、定期的なメンテナンスも重要です。

▼雨漏り対策には屋根塗装が大切

屋根の劣化を放置すると、雨漏りだけではなく、建物全体の悪化につながる可能性があります。
建物の寿命をより長くするために、定期的なメンテナンスは欠かせません。当社では、屋根の塗装を行っています。
お見積もりは無料となりますので、ぜひお気軽にご相談ください。