BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

外壁にひび割れが起こる原因とは?

2021/03/01

外壁塗装をしてしばらく経つと、だんだん外壁が剥がれてきたり、ひび割れが起こってきたりすると思います。「大切に使っているのに、どうしてひび割れるんだろう」と思う方もいるのではないでしょうか。
外壁のひび割れは、建物を大切に使っていても起こる場合があります。
そこで今回は、外壁にひび割れが起こる原因について解説していきます。

▼外壁塗装業者の施工不良
外壁は10年ごとに塗り替えるのが一般的ですが、それよりも前に外壁がひび割れてしまっているようであれば外壁塗装業者の施工不良である可能性が高いです。
大手の業者や適正価格で依頼した場合は施工不良が発生することは少ないですが、中には手抜き工事をしたり質の悪い塗料を使っていたりする業者もあります。
このようなトラブルを避けるためには、信頼性のある業者に依頼し万が一のことがあっても保証してもらえる業者を選ぶことが大切です。

▼経年劣化
建物を大切に使っていても年月の経過とともに外壁にひび割れが起こってくる場合は、経年劣化の可能性が高いでしょう。
これは紫外線や雨などにさらされることによって自然と起こる劣化なので、完全に防止することは難しいです。
しかし、定期的にメンテナンスを行えば劣化のスピードを落とすことはできます。

▼まとめ
外壁にひび割れが起こる原因は、主に外壁塗装業者の施工不良か経年劣化であることがほとんどです。
安心できる業者に外壁塗装を依頼したいという場合は、ぜひ弊社にご相談ください。