BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

外壁塗装の保証期間と種類について

2021/02/15
外壁塗装を業者に依頼する際に万が一の時の保証はあるのか、またどのくらい保証期間があるのか気になりますよね。
外壁塗装の保証期間や保証の種類を知っておくことで、業者とのトラブルを避けることができます。
そこで今回は、外壁塗装の保証期間と保証の種類について解説していきます。

▼塗料メーカーの保証
塗料メーカーの保証は、保証制度が適用されやすく倒産の心配がほとんどないので安心できるというのが特徴です。
一方で保証の対象地域や塗料が限定されていたり、戸建てでは適用されにくいというのがデメリットとして挙げられます。
保証期間は塗料によって異なりますが、一般的には塗料の耐用年数が長いほど保証期間も長くなります。たとえばシリコン塗料だと1~5年、無機塗料だと5~10年ほどになります。

▼外壁塗装業者の自社保証
外壁塗装業者の自社保証は、比較的どんな塗装にも保証制度が適用されます。
しかし実際にトラブルが起こったら断られたり、会社が倒産したら保証制度が無効になる可能性があります。
保証期間は業者によって異なりますが、3年・5年・10年という業者が多いです。

▼リフォーム瑕疵保険
保険の登録業者に外壁塗装を依頼した場合に適用されるのが、リフォーム瑕疵保険です。
保険の適用範囲が広く、会社が倒産した場合でも無効になることがないのが特徴です。
ただし、保証期間が1年と短いのがデメリットでしょう。

▼まとめ
外壁塗装の保証にはいくつか種類があるので、保証内容や保証期間を確認して最適なものを選びましょう。
弊社では全てのお客様に保証書を発行しているので、外壁塗装をお考えの方はぜひお問い合わせください。