BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

屋根塗装の種類の特徴を分かりやすくまとめました。

2021/01/22
街を見回してみると、様々な色合いの屋根がありますよね。

それだけでも、屋根塗装の塗料にたくさんの種類がある事が分かります。

どんな種類があるのか気になりますよね。

今回は、屋根塗装の種類についてお伝えします。

▼屋根塗装の塗料の種類は豊富

屋根塗装は、大きく分けて下塗りと上塗りに分けられます。

下塗りは下地と上塗りの塗料をくっつける役割を担っています。

上塗りは建物を保護したり見た目をよくします。

▼屋根塗装の塗料の種類

■下塗り用塗料

下塗り塗料は3種類あり、下地の色を隠したり塗料の吸収を抑える為に用いられるシーラーとプライマー、凹凸を埋める為に使われるフィラーがあります。

■上塗り用塗料

上塗り塗料は4種類あり、ひび割れにくいという特徴を持つウレタン塗料、耐久性と耐水性に優れてコスパがいいシリコン塗料、色あせしにくく耐候性が高いフッ素塗料、赤外線を反射して室温が高まるのを防ぐ遮熱塗料があります。

上塗り用塗料は、費用や目的に応じて業者と相談しながらどれを使うか決めましょう。

▼まとめ

今回は、屋根塗装の塗料の種類についてお伝えしました。

屋根塗装の塗料の種類には、大きく分けて下塗り用の塗料と上塗り用の塗料があります。

それぞれの塗料の中でも更に細分化出来る程種類はバリエーションがあります。

どの塗料を使ったらいいか分からない場合は、株式会社RINXにお任せ下さい。

最適の塗料で屋根塗装をさせていただきます。