BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

外壁塗装を行うベストなタイミングと季節はいつ?

2020/11/09
外壁塗装を行うベストなタイミングと季節はいつなのでしょうか。
具体的に見ていきます。

▼外壁塗装のベストタイミングとは?
外壁塗装の塗り替えの目安は築10年です。
塗料の耐用年数が10年前後というのもあり、10年を過ぎた辺りで考え始めると良いでしょう。

■劣化症状が出始めたら外壁塗装のタイミング!
10年以外にも外装塗装を行うタイミングがあります。
それは劣化症状が出始めた時です。

主な症状としては、
・チョーキング現象
・ひび割れ
・剥がれ
・雨漏り
・外壁の汚れや変色
・藻やコケ、カビの繁殖
といったものがあります。

チョーキング現象とは塗料の劣化により塗料が粉状になっている状態を言います。

▼外壁塗装を行うおすすめの季節は?
外壁塗装を行う時期としては「春」と「秋」が良いと言われています。
理由としては雨が少なく、空気が乾燥しているため塗料も乾きやすいからです。
冬も乾燥はしていますが、日照時間が短いので工期が延びる可能性があります。

ベストな季節は春と秋になりますが、工事が集中していて予約が取りづらいといった点もあるので注意が必要です。
夏や冬も外壁塗装ができないわけではありません。
塗装業者の方に相談して、時期を決めるのも良いでしょう。

▼まとめ
外壁塗装のベストなタイミングは、目安としては築10年かつ劣化症状が見えてきた時です。
また季節は春と秋が良いとされています。

板橋区近郊で外壁塗装やリフォームをお考えの方は株式会社RINXまでお気軽にご相談ください。