BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

外壁塗装の塗料の種類はどれくれらいあるの?

2020/11/05
外壁塗装の塗料の種類はどれくらいあるのでしょうか。
一つ一つ見ていきましょう。

▼外壁塗装の塗料の種類
外壁塗装の塗料は主に8種類あります。

■アクリル
耐用年数:5?7年
価格は安いものの、耐用年数が短いです。
現在ではあまり使われていません。

■ウレタン
耐用年数:7?10年
耐用年数が比較的安定していて、コストパフォーマンスも良いです。
様々な素材に塗装することができます。

■シリコン
耐用年数:10?15年
耐用年数も長く、価格とのバランスが良い塗料です。
取り扱うメーカも多くなっています。

■ラジカル
耐用年数:12?15年
シリコンよりも耐用年数が長く、最近人気のある塗料です。
汚れに強い・防カビに優れているといった良さもあります。

■ピュアアクリル
耐用年数:12?15年
耐用年数は長くなっています。
防水性が優れていますが、価格は高めです。

■フッ素
耐用年数:15?20年
耐用年数が長く、公共の建物などでもよく使われています。
価格は高めです。

■光触媒
耐用年数:13?15年
耐用年数は安定していますが、その分価格は高いです。
自然の力で外壁の汚れを綺麗にできます。

■無機系ハイブリッド
耐用年数:15?25年
耐用年数がとても長い塗料です。
価格は高いですが、塗装工事の回数を減らせるという良さがあります。

▼まとめ
外壁塗装の塗料の種類には様々なものがあります。
価格だけではなく、耐用年数や目的を考えて選ぶことが大切です。

板橋区近郊で外壁塗装やリフォームをお考えの方は株式会社RINXまでお気軽にご相談ください。